宿泊で研修を行いたい!場所を選ぶときに理解しておいたほうがいいポイントなどを解説します

宿泊先を選ぶポイントとしては貸し会議室があることや食事の準備を必要とせずにとることができる場所があること、リフレッシュできる環境があること、アクセスの良さなどがあります。
より集中して行うためには会場の使い勝手だけでなく、研修以外の時間もリラックスできてオンとオフの切り替えをしやすいことも大切になります。
また、数日間にわたり同じ時間と場所を共有する仲間と交流し、知見を深めて絆を深めていくことはとても大切なことです。

宿泊で研修を行いたい!場所を選ぶときに理解しておいたほうがいいポイントなどを解説します

共通したポイントとして4つあげます。
貸し会議室があると研修会場と宿泊施設の移動がいらず、時間と手間を減らすことができます。
必要な設備や十分な部屋の大きさがあるかどうかも合わせて確認します。
レストランや宴会場があると食事の準備を気にする必要がありません。
親睦会も開くことができ、人となりを知る良いコミュニケーションの場となります。
研修だけでは何日も集中力が続きません。
良い景色が見られる場所やジムやプールなど体を動かしたりカラオケなどのレジャー施設があったりと、気分転換できるところがあるとより研修に集中できます。
アクセスがいいと、宿泊施設までの移動と手間が省けるため、参加者の負担が減ります。

一般的なホテルで宿泊しながら研修は可能か

ビジネスを行うのはとても大変で自分で会社を経営していなくても多くのビジネスマンは様々な困難に直面していますが、それを救うのが研修でそのおかげで助かっている人が沢山います。
ではどうやって様々なことを教えてもらうかと言うとプロの講師から様々な話を聞くと言う方法もありますし、自分の手法を説明してそこからアドバイスをもらうと言うやり方もあります。
最近では一般的なホテルに宿泊しながら研修を行うケースが増えていてそれは可能なことですが、パソコンを繋げてオンラインで講習を受ける機会が増えています。
中には連泊を想定して連続して宿泊すると代金を安くするプランを用意しているホテルもあるので、それを上手く利用して上手に講習を受けている人も多いです。
このように宿泊しながらオンラインによって有意義な講習を受けているビジネスマンが増えていますが、プランによっては金額に差が付くのでその点を踏まえて泊まるところを決めるようにした方が良いです。

温泉旅館で宿泊しながら研修はできるか

温泉旅館で宿泊しながら研修するようなことも可能であり、本来の意味合い以外にも食事や入浴が充実しており、また宿泊で周辺の自然とか観光も楽しめるメリットも十分に考えられます。
会社など日常的な環境下で行う講習とはまた違った効果が生まれるかもしれません。
一方で、目的に合っているかなどはしっかりと考えておく必要があるでしょう。
多くの旅館は設備的には決して最新型とは言えなかったりしますので、そのための部屋とか必要に応じてプロジェクター・スクリーン・マイク・wifi環境などに問題がないか、事前にチェックしておくことも求められます。
現地までの交通手段についても同様のことが言えるかもしれません。
交通の便の良いところに立地しているとは限らないというか、むしろ時間のかかる場所にあるケースも少なくないためです。
移動に時間がかかっては疲れてしまいますし、ある意味ではそのための時間は無駄だということもできるかもしれません。

ビジネスホテルで宿泊をしながら研修は可能か

ビジネスホテルで宿泊をしながら研修することも可能です。
ただ、ホテルによっては研修を行えるような部屋がないケースもあったりしますので、事前にしっかりと確認しておく必要があります。
部屋があっても、必要な設備が整っているかは併せて調べておきましょう。
机や椅子は言うまでもありませんし、必要に応じてプロジェクター・スクリーン・wifi環境・マイク・ホワイトボードなどが挙げられます。
それ専用の施設であれば問題ないことが多いですが、専用施設でない場合には準備されていないこともあるからです。
宿泊の場合、食事も当然問題になります。
各自外食することでも構わないのですが、多くのケースは食事自体も交流会の一部と考えていることが多く、各自ばらばらではその目的を達成することができません。
食事を摂りながら交流するようなことが可能か、レストランがあるのかとか出前を取ることが可能かなども併せてチェックしておくのが良いでしょう。

研修施設に宿泊施設が併設されているところはあるか

研修施設に宿泊施設が併設されているところもあります。
全てが日帰りで終わるような日程だけを想定しているのではなく、数日とか場合によってはそれ以上の長期間にわたって宿泊で実施することが考えられるケースもあるため、それに対応している施設もあるのです。
ある意味で、ある程度大型のホテルはこの機能を持っていると言えるかもしれません。
つまり、講演とかセミナーを行うためのホールや部屋を有しているのみならず、受講者が泊まるための部屋もありますし、それに伴って少なくとも食事ができる施設も必要になってきます。
このような施設を建設した場合、日帰りでの利用ばかりではかえって利用効率が悪いのは言うまでもありません。
泊まりでのセミナーなどはそれだけコストもかかりますので割合としては少ないですから、このような施設も限定的になってきます。
ですが全くないわけではありませんので、宿泊での研修を考えているのなら探してみることができます。

著者:稲垣和之

筆者プロフィール

青森県八戸市生まれ。
自社で行う宿泊研修の担当として研修先を手配。
自分なりに宿泊研修のポイントを記事にまとめました。
宿泊の研修情報